文字の大きさ

境内ご案内

ここでは、鹿嶋神社の境内をご案内しております。

御祈祷殿 写真
御祈祷殿

ここにお祭りされている荒神様は、京都皇室の菩提寺である御寺、泉涌寺山内、来迎院よりお迎えした荒神さまで、日本最初の荒神様として重要文化財の指定を受け、今も皇室の崇敬篤く、私たちの生活の基本である、衣、食、住の三つの宝を授けてくださる守り神としてあがめられています。


八秀稲荷 写真
八秀稲荷
三宝荒神社 写真
三宝荒神社
太郎坊権現 写真
太郎坊権現

出雲社 写真
出雲社
戎社 写真
戎社
當勝大神 鹿島大神 福成大神 写真
當勝大神 鹿島大神 福成大神


ページの先頭へ

香を焚く奇習

当神社では神前で香を焚き、お灯明を点ずる珍しい慣わしがあります。
これは、武士が出陣に臨んで当社に詣で、武運長久を祈念するとともに、兜に香を焚きこめて勇ましく出陣した故事が、慣わしになったと伝えられ、今ではローソク、線香がその名残りとなっております。

御香炉舎 写真
御香炉舎
御灯明舎 写真
御灯明舎

御堂廻り 写真
御堂廻り

「六根清浄なれば願い事成就せざるはなし」と言われるように、「願」をかける人々は一心不乱に御堂を廻りながら、心身から一切の邪念不浄を絶ち、ひたすらに神の恩頼(みたまのふゆ)を祈るならば、霊験あらたかであると言われております。

ページの先頭へ